母親の味方

どんなに母親が頑張って、野菜を食べさせようとしても野菜が嫌いな子供はなかなか食べてくれません。食欲の細い子供は無理をして食べさせることができないため頭を悩ませる母親は多いでしょう。そういった場合は、飲みやすいタイプの青汁を使って栄養を補ってみましょう。

子供の野菜不足も解消

男女

子供に青汁を飲ませても大丈夫?

野菜だけを使って作られている青汁や、無添加で作られている青汁なら子供に飲ませても大丈夫と言われています。子供が一日に必要な野菜の摂取量は、年齢にもよりますが3歳~8歳前後で240グラムは必要と言われています。しかし、これだけの量を毎日摂取することは難しいことと言われているため大麦若葉青汁を使って補う人が増えているのです。子供に青汁を飲ませるときは、量や与える時期に注意するようにしましょう。

青汁は栄養満点です

青汁一杯の量は、50グラム~100グラムの野菜に相当するため野菜が嫌いな子供には最適な方法です。料理に混ぜてみたり、牛乳に混ぜてみたりすることで子供でも気軽に摂取することができるため、野菜が嫌いな子供でも食べやすいと言われています。

免疫力が上がる

免疫力を上げるためには、腸内環境を整える必要があると言われています。青汁に含まれている栄養素は、善玉菌の餌になるため腸内で善玉菌を増やすことができます。また、免疫力向上には欠かせない、βカロテンやビタミンCが含まれているため風邪予防やアレルギー対策には最適です。

骨や歯を作る

大麦若葉の青汁には、カルシウムやマグネシウムが含まれているため成長期の子供に飲ませると骨や歯を丈夫にすることができると言われています。カルシウムやマグネシウムは牛乳や他の食材で摂取することも可能ですが、他の栄養素も豊富に含んだ青汁を飲ませることで、健康的な体を目指すことができるでしょう。

神経機能を守る

ビタミンB12が不足してしまと、神経系の伝達に支障が出てしまい神経過敏や手脚の痺れが症状として現れます。子供がビタミンB12不足になってしまうと、発達遅延の原因になってしまう可能性あるためビタミンB12を多く含む大麦若葉の青汁を摂取するようにしましょう。子供に飲ませるときは、年齢などに合わせて適切な量を飲ませ、安全性の高い商品を選んで下さい。

広告募集中